1. 無料アクセス解析

Archive

 2008年12月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パエリヤ 

パエリヤの写真(2008年12月30日)

昨晩は一から家で作ったものではないですが、パエリヤを食べました。

麦も少し混ぜているところがミソ。イタリアンパセリとトマトのアイコは自家栽培です。アイコも火を通すとより甘くなります。赤いぽパプリカは肉厚で甘くて美味しかったです。


サラダの写真(2008年12月30日)

サラダにはやはりイタリアンパセリとほんの少しだけ自家栽培のベビーリーフ。ベビーリーフは生育がいまいちなのですが、それでもあると彩りも多少は鮮やかになって嬉しいですね。

スポンサーサイト

大きなバジルの葉と小さいピザ 

大きなバジルの葉とピザの写真(2008年12月29日)

昨晩は冷凍もののピザを食べました。

バジルが安かったそうで、久しぶりに大きくてフレッシュなバジルをのせて。ピザが小さいので、バジルが巨大に見えます。


大きなバジルの葉とタコのマリネの写真(2008年12月29日)

タコと小えびのマリネにもバジル!

タコが美味しくて感動しました!。


イタリアンパセリ入りスープの写真(2008年12月29日)

ベーコンのスープには我が家のイタリアンパセリです。

ホタテと柚子サラダと春巻き 

春巻きの写真(2008年12月27日)

昨晩はホタテと柚子のサラダと春巻きでした。

春巻きをうちで作るのは久しぶりかもしれません。


ホタテと柚子サラダの写真(2008年12月27日)

ホタテと柚子のサラダは柚子のピールに果汁もドレッシングに使っています。

以前、『ためしてがってん』で柚子の特集をしていたときに、ユズノンのことを紹介していましたが、マツケンの『バニラ気分』でもチラッと紹介していました。

実家の柚子は今年も昨年に続き不作でしたが、我が家にも欲しいです。


ペスカトーレと甘夏のピール入りパンとトマトのアイコ 

フェットチーネのペスカトーレの写真(2008年12月24日)

残念ながら暗くなってしまったので、パセリを採ってこられなかったそうなのですがペスカトーレです。

パスタの麺も値上がりしている昨今ですが、フェットチーネは、ワインの買出しをするお店で買っています。


甘夏のピール入りパンの写真(2008年12月24日)

妻が焼いた甘夏のピール入りのパンです。ライ麦が入っていて美味しかったです。

甘夏のピール入りパンの写真(2008年12月24日)

これは断面です。パスタとパンで炭水化物ばっかりですが、実は翌朝用のを味見と称して1/4ずつ食べました。

トマトのアイコなどの写真(2008年12月24日)

トマトのアイコもたまに収穫して食べています。

永田農法「極上トマト」をベランダで作る

ラベンダー 早咲3号が開花しました 

ラベンダー 早咲3号が開花した写真1(2008年12月27日)

ラベンダー 早咲3号の花の続きです。ここ二日ほど見ていなかった間に開花していたようです。

ビロード状の米粒大の花が咲き出しました。 (前回の冬のラベンダー 早咲3号の花


ラベンダー 早咲3号が開花した写真4(2008年12月27日)

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

今年最後のトマトの花 

今年最後のトマトの花?の写真(2008年12月25日)

これはトマトのアイコの花です。おそらく今年最後の花だろうと思います。まだまだ東南向きのベランダは昼間は暖かいですし、北風の影響もありません。

当然野菜は旬がいいに決まっているのですが、それでも自家栽培のトマトがこの年末の押し迫ったときでもわずかに収穫できるのは嬉しいです。

(前回の記事「冬のトマトのアイコ」)


永田農法「極上トマト」をベランダで作る

クレソンのシンプルなスープ 

クレソンのスープの写真(2008年12月24日)

クリスマスのディナーの残りのクレソンを使ったシンプルなスープです。

クレソンはお肉の付け合せのほか、お肉系のサンドイッチに挟んだり、サラダに入れたり、おひたしにしたり、このようなスープにしたりと、あれば色々と使っている大好きなハーブです。

クレソンは食中毒の予防にもなりますし、葉にはカロチンやビタミンCが多く、カルシウムや鉄などのミネラルが含まれているんだそうです。

栽培したことはないですが、水を入れたコップに枝を挿していると容易に根や葉が生えてきたりするんですよね。


丸ごとチキン! 

丸ごとチキン!の写真(2008年12月23日)

昨晩はイブイブではありますが、イブでもクリスマスでも会社は休めませんので、昨日クリスマスパーティーとなりました。

クリスマスは家族で家で食事するのが一番です。妻が事前に手配してくれたチキンをオーブンで焼いてくれました。皮が一部剥げてしまったのはご愛嬌。周りにあるのはクレソンです。お腹にはセロリほか色々詰まっています。


サーモンとトマトのサラダの写真(2008年12月23日)

トマトとサーモンのサラダも美味しかったです!

自家製ケーキの写真(2008年12月23日)

デコレーションのチョコや苺は飾り物は買ったものですが、ケーキは妻の手作りです。写すのを忘れましたが、スペインのCAVA(スパークリングワイン)を飲みました。

ジャーマン・カモミールの苗 

ジャーマンカモミールの苗の写真1(2008年12月21日)

これもマロウと一緒に買った苗で、ジャーマン・カモミールの苗です。

もしかしたらこぼれ種で春に芽がでるかもしれないので、ジャーマン・カモミールは一つだけ買いました。


ジャーマンカモミールの苗の写真2(2008年12月21日)

ローマン・カモミールの苗 

ローマンカモミールの苗の写真1(2008年12月21日)

マロウと一緒に買ったローマン・カモミールの苗です。

見切り品ということで、二つ購入。ジャーマン・カモミールは栽培したことがありますが、ローマンは初めて。


ローマンカモミールの苗の写真2(2008年12月21日)

ジャーマン・カモミールは一年草ですが、似ているけど、ローマン・カモミールは多年草なんだそうです。

コモンマロウの苗 

マロウの苗の写真1(2008年12月18日)

昨日、ホームセンターに立ち寄ったら、ハーブが数種類セール価格で売っていました。

前々から目に入っていたのですが、今まで栽培したことが無いものも機会があればトライしようと思っていたところだったので、買ってみました。


マロウの苗の写真2(2008年12月18日)

マロウというとハーブティーが有名だそうですが、来年花が咲いたら試してみたいです。

ルバーブとジンジャーのジャム 

ルバーブとジンジャーのジャムの写真1(2008年12月18日)

妻がルバーブとジンジャーのジャムを買ってきてくれました。英国のものだそうで、どうやらスコットランドのもののようです。

ルバーブとジンジャーのジャムの写真2(2008年12月18日)

ルバーブは栽培したことがないのですが、このジャムを食べてから機会があれば栽培してみたいと思いました。 ちょっと酸味があり、ジンジャーもいい感じ。結構美味しいです。

種ができかかっているバジル 

種ができかかっているバジルの写真1(2008年12月18日)

種ができかかっているバジルをそのままにしておくとプランターの有効活用ができないので、プランターを空けて、古い壊れかかっているプランターにプランター二つ分の苗を移しました。

種ができかかっているバジルの写真2(2008年12月18日)

後から咲いた花の種なので、種ができるまでは少々時間がかかりそうです。

ボリジはイチゴのコンパニオンプランツ 

ボリジのその後の写真2(2008年12月18日)

ボリジをイチゴと混植すると、イチゴが甘くなったり、ミツバチなどの受粉を助ける益虫を呼び込んだりとコンパニオンプランツとして様々な効果があるそうです。

ボリジの方が大きくなりすぎるのと、短いとげが痛いのが難点です。


遅ればせながらレモングラスの剪定完了 

剪定後のレモングラスの写真1(2008年12月18日)

私の訪韓中に妻がレモングラスを剪定していました。

元々レモングラスが大好きな妻にプレゼントしたものなので、お任せしていました。


剪定後のレモングラスの写真2(2008年12月18日)

夏の間には頻繁に利用するハーブでもあるので、来年の春には株分けしたいなあと思っています。

柚子茶(韓国のおみやげ) 

柚子茶の写真(2008年12月18日)

今日、会社の関係で、行っていた韓国から帰ってきました。

色々とあわただしかったのですが、少ない自由時間でいくつかお土産を買ってきたのですが、家用に柚子茶を買ってきました。

真ん中が柚子茶。右はレモンと柚子。左はザクロ茶です。ザクロ茶だけうち用のおみやけにすることにしました。


デンタータラベンダーの花 

デンタータラベンダーの花の写真(2008年12月13日)

これはデンタータラベンダーのその後です。こちらは四季咲きなので、小さい花が咲き出しています。 (前回のデンタータラベンダーの花の蕾

続きを読む

ルッコラのペーストを使ったグリルチキン 

ルッコラのペーストを使ったグリルチキンの写真(2008年12月13日)

昨晩は先日のルッコラのペーストの残りを使って、グリルチキンを食べました。ルッコラの香りはそれ程感じませんでしたが、美味しかったです。 (前回のルッコラのペーストのパスタ

Cavaの写真(2008年12月13日)

実は、今日仕事で今日から火曜の夜まで不在のため、家族のお祝い事を一日前倒しですることになり、この日のために買ったスペインのスパークリングワイン、CAVA(カヴァ)を空けました。 ラズベリー色の濃いロゼですが、辛口です。

クルミのパンの写真(2008年12月13日)

そして、妻が焼いてくれた、クルミ入りのパンをいただきました。写真撮りはぐりましたが、スープも! これからでかけますので、コメントのお返事をいただいた場合は火曜の夜以降にさせていただきます。 よろしくお願いします。

冬のラベンダー 早咲3号の花 

冬のラベンダー 早咲3号の花の写真1(2008年12月13日)

ラベンダー 早咲3号の花のその後です。さすがに冬のせいか、一月が過ぎても小さい花は開いていません。 (前回の秋のラベンダー 早咲3号の花

冬のラベンダー 早咲3号の花の写真2(2008年12月13日)

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)



フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽のその後(12月) 

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽の写真1(2008年12月2日)

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽は前回から一月ほど経ちましたが、その後も順調に育っています。この時期ですので、それほど急成長というわけにはいきませんが。 (前回のフレンチラベンダー ペダンキュラータの芽その後

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽の写真2(2008年12月2日)

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

柚子と鶏軟骨のツミレの鍋 

軟骨の鶏団子と柚子の写真(2008年12月5日)

鍋が美味しい季節になってきましたが、鶏軟骨のツミレの鍋を食べました。

少しずつ盛りつけないと、暖房は入れずにコタツだけなので、直ぐに冷めてしまいます。

先日、伯母にもらった柚子を刻んでいただきました。


葉ネギとちゃんぽん 

葉ネギとちゃんぽんの写真(2008年12月7日)

週末のお昼に食べたちゃんぽんの写真です。

葉ネギをたくさん入れました!


葉ネギの写真(2008年12月7日)

ひと目でわかる!図解コンパニオンプランツで野菜づくり

ラバンジン インプレスパープルの挿し木 

ラバンジン インプレスパープルの挿し木の写真(2008年12月5日)

夏の終わりに挿し木したラバンジン系のラベンダー インプレスパープルの挿し木です。

数ヶ月前に挿し木したのですが、ずっと半日日陰のところにいたせいか、あまり成長していません。

この挿し木の元は秋に枯れてしまったので、なんとかがんばって育って欲しいです。


ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

柚子茶とレーズン入りのパン 

柚子茶とレーズン入りのパンの写真(2008年12月7日)

昨日は妻がパンを焼いてくれました。

柚子茶とレーズン入りのパンです。一次醗酵をゆっくり時間かけたそうで、もっちりしていました。

それほど、柚子茶は入っていませんが、時折柚子の香りがしていました。レーズンもたくさん!


ビーフシチューの写真(2008年12月7日)

メインはスネ肉のビーフシチューです。圧力鍋のおかげで柔らかくなっていました。

ルッコラのペーストのパスタ 

ルッコラのペーストの写真(2008年12月6日)

昨晩はルッコラのペーストのパスタを食べました。

たまたま妻が近所で見つけたそうなのですが、私はルッコラのペーストっていうのがあることを知りませんでした。

(前回のルッコラの記事「わかしのカルパッチョとルッコラとパスタ」)


ルッコラのペーストのパスタの写真(2008年12月6日)

バジルペーストと違って、ルッコラのペーストは松の実は入っていないので、アーモンドパウダーを足したそうです。

冷蔵庫に少しあったホタテだけでは足りなさそうだったので、夕方に鱈を買ってきました。 ちょっと贅沢になってしまいましたが、にんにくが効いた鱈は美味しかったです。


冬のトマトのアイコ 

冬のトマトのアイコの写真1(2008年12月6日)

先月は青かった実がまだまだあったのですが、その青い実がだいぶ赤くなってきました。

花がたくさん咲く時期が3回くらいあったようで、今はその最後の3回目のようです。

(前回の記事「秋のトマト アイコ。まだまだ収穫」)


冬のトマトのアイコの写真2(2008年12月6日)

写真を撮影したのが4時頃だったので、既に空の色が変わってきました。

今朝は、朝から出かけていたので、採るのがこの時間になってしまいました。 空の色が変わると、どのトマトが熟れているかわかわかりにくいので、本当に赤そうなのだけ採ってきました。


冬のトマトのアイコの写真3(2008年12月6日)

一部、採ろうとしたら落ちてしまったものもありますが。

永田農法「極上トマト」をベランダで作る

チェリーセージ ホットリップスの白っぽくなった花 

チェリーセージ ホットリップスの白っぽくなった花の写真(2008年12月5日)

気温がだんだん下がってきたせいか、ホットリップスの花の白の割合が増えてきたようです。同じ苗でも微妙に赤と白の割合が違うのですが、同じ色柄でペアで咲くことが多いようです。

(前回の記事「チェリーセージ ホットリップスの花を横から見ると」)

Salvia microphylla 'Hot Lips'

※チェリーセージとして日本で流通しているサルビア・ミクロフィラ“ホットリップス”です。 同じサルビア属でも、いわゆるコモンセージとは違う仲間ですが、このブログでの分類はセージのままといたします。


チェリーセージ ホットリップスの白っぽくなった花の写真3(2008年12月5日)

花は一つのペア毎に数日咲いたらどんどん落ちて、他の花芽が育ち、次々咲いています。 その点はコモンセージなんかとは全然違います。もちろん他のシソ科の花とも違います。

チェリーセージ ホットリップスの白っぽくなった花の写真2(2008年12月5日)

サルビア (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月シリーズ)

ラベンダー スイートの挿し木 

ラベンダー スイートの挿し木の写真1(2008年11月29日)

イチゴのプランターにラベンダー スイートの挿し木をさせてもらいました。

Lavandula heterophylla 'Sweet'


ラベンダー スイートの挿し木の写真2(2008年11月29日)

先日冬季の剪定をしたので、ばっさり切った枝を挿してあげただけなのですが。

スイートは結構大きくなるので、10号鉢でも足りないくらいです。発根剤は使っていませんので、根づくかどうかわかりませんが。


ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

いなだのお刺身と大葉 

いなだのお刺身と大葉の写真(2008年12月3日)

実家の母が近所の工務店のおじさんがイナダを釣ってきたそうで、おすそ分けをいただきました。

当然ですが、新鮮で美味しかったです。妻が大葉を買ってきてくれたので、一緒にいただきました。


ラベンダー メイレットのその後 

ラベンダー メイレットのその後の写真2(2008年12月2日)

10月に買ったイングリッシュラベンダーのメイレットはその後順調に育っています。 (前回の「さらにラベンダーの苗を2種買って来ました!」

ラベンダー メイレットのその後の写真3(2008年12月2日)

以前購入したメイレットは今年の夏を越せなくて枯れてしまったので、この苗はなんとか来年の夏は越してもらいたいです。

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。