1. 無料アクセス解析

Archive

 2008年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅葱としめじの炊きと込みご飯 

浅葱としめじの炊きと込みご飯の写真(2008年11月29日)

昨晩は浅葱としめじの炊きと込みご飯をいただきました。ちょっとだけ舞茸も入っています!

秋になるとこういうのが無性に食べたくなるんですよね!


浅葱の写真1(2008年11月29日)

浅葱は春と秋に元気になるので、もう今の時期は枯れているか、黄色くなってきています。チラッと見えるのはこぼれ種のパセリです。

浅葱の写真2(2008年11月29日)

スポンサーサイト

春菊と肉豆腐 

春菊と肉豆腐の写真(2008年11月28日)

昨晩は先日に引き続き、春菊をいただきました。

春菊と肉豆腐。熱々の豆腐が美味しかったです。


春菊のお浸しの写真(2008年11月28日)

こちらは春菊のお浸しです。自家製トマト アイコも入っています。

秋に植えたパイナップルミント 

初秋に植えたパイナップルミントの写真1(2008年11月28日)

10月に買ったパイナップルミントの苗も育っています。
(買ったときの記事「パイナップルミントを買いました!」)

次第に寒くなってきましたが、もう少し元気でいてくれそうです。

そう言えば、我が家のアップルミントは真っ直ぐに伸びていますが、パイナップルミントは匍匐性のようです。


初秋に植えたパイナップルミントの写真3(2008年11月28日)

今朝は雨が降っていたので、いい写真が撮れませんでした。

春菊とカリカリのベーコンとレタスのサラダ 

春菊とカリカリのベーコンとレタスのサラダの写真(2008年11月27日)

春菊とカリカリのベーコンとレタスのサラダを食べました。

春菊はたまにすっごく食べたくなるのですが、美味しかった!


ボンゴレロッソの写真(2008年11月27日)

メインはボンゴレ・ロッソです。イタリアンパセリを間引きながらのせました。

週末に買ったラベンダー オカムラサキ 

秋に買ったラベンダー オカムラサキの写真1(2008年11月26日)

何度も枯らしてしまったラベンダー オカムラサキですが、この夏にまた枯らしてしまい、さらに9月の終わりに買った苗も枯れてしまいました。
(前回購入したときの記事「ラベンダーの苗を3種買って来ました!」)

Lavandula angustifolia 'okamurasaki'


秋に買ったラベンダー オカムラサキの写真2(2008年11月26日)

週末に、ひと月振りで自宅から自転車で20~30分くらいのところにあるDIYセンターに行ったところ、元気そうな苗を見つけたので買ってきました。イングリッシュラベンダーの香りは本当に大好きです。

耐暑性に劣る品種だそうですので、今度こそは長生きさせてあげたいと思います。


ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

湯豆腐と柚子と葉ネギ 

湯豆腐と葉ネギの写真(2008年11月25日)

湯豆腐が美味しい季節ですね。

湯豆腐に柚子と自家栽培の葉ネギを入れて食べました。


鮭のバジルオリーブ 

鮭のバジルオリーブの写真(2008年11月24)

今夜は鮭のバジルオリーブ。

付け合せのルッコラは買ったものですが、バジルとトマトは家のです。



ライ麦とクルミとモッツアレラチーズのパンの写真(2008年11月24)

このパンは妻が焼いてくれた、ライ麦とクルミとモッツアレラチーズのパンです。

ライ麦のパンは大好きです!


杏仁のシフォンケーキの写真(2008年11月24)

デザートは杏仁風味の杏入りシフォンケーキです。こちらも妻が焼いてくれました!

トマトのレッドオーレでブルスケッタ 

チキンの写真(2008年11月23日)

今日は勤労感謝の日。Thanks giving day。

夕方にターキーを求めて出かけたのですが、ちょっと予算オーバー。 ケンタッキーのチキンに。



トマトのレッドオーレをのせたブルスケッタの写真(2008年11月23日)

そして、ブルスケッタに完熟のトマト レッドオーレです。バジルは急いでいたので大きめにちぎってしまいました。

レッドオーレは三つしかなかったので、たっぷりとはいきませんでしたが美味しかったです。


サーモンと柚子と大根のサラダの写真(2008年11月23日)

ケンタッキーのチキンは美味しいですが、ちょっとオイリーですし、塩分大目なのでさっぱりとサーモンと柚子と大根のサラダ。

グルナッシュ100%のスパークリングワインの写真(2008年11月23日)

ワインは南仏のグルナッシュ100%のロゼのスパークリングワイン。桜色ですが、辛口です。スパークリングワインはお祝い事だけでなくても時々飲みます。フランスの高級ワインはそうそう飲めないものの、コート・デュ・ローヌやプロヴァンスの手ごろなワインはたまに飲むことがあります。これはまた飲んでみたいです。

柚子入りのお蕎麦 

柚子の写真(2008年11月22日)

もう柚子の季節ですね。妻が買ってきてくれた柚子です。

この時期には暖かいお蕎麦に、入れたいものの中のひとつはこの柚子です。


柚子入りのお蕎麦の写真(2008年11月22日)

今日のお昼は妻が柚子入りのおそばを作ってくれました。

他には鶏肉と小松菜が入っていました!そして七味プラス柚子一味も少しだけ。美味しかったです!


ホーレンソウの芽 

ホーレンソウの芽の写真1(2008年11月21日)

初めてホーレン草に挑戦してみました。

以前、ダイソーで買った種を先月に蒔いたのですが、やっと芽が出ました。

このところ、週末は植え換えに時間をとられていたので、まだこの芽を植え替える場所の確保ができていません。これからホーレンソウの勉強をしないと!


ホーレンソウの芽の写真2(2008年11月21日)

バジルとトマトとピザ風トースト 

バジルとトマトとピザ風トースト(2008年11月19日)

ありがちですが、ピザ風トーストにバジルとトマトのアイコを載せました。

アイコも加熱するとまた美味しいです。


ボリジは育ってま~す! 

ボリジの葉の写真3(2008年11月18日)

こぼれ種で毎年芽が出てくれるボリジはしっかり育っています!

まだ若いですが、そのうちとげとげがきになるくらい育ちます。


ボリジの葉の写真1(2008年11月18日)

ラベンダーの刺し木のところもラベンダー以上に元気に育ってきます!

ボリジの葉の写真2(2008年11月18日)

ボリジのような、ハーブのように愛されつつ、元気に生きていきましょう!

ローズマリーを使ったローストポーク 

ローズマリーを使ったローストポークの写真1(2008年11月18日)

今夜はローズマリーを使った肩ロースのローストポークです。バルサミコがいい味出してます!

ローズマリーを使ったローストポークの写真2(2008年11月18日)

バジルやイタリアンパセリ、ルッコラ、トマトのアイコなども!

トマトベースのスープの写真(2008年11月18日)

スープには大根や葉ネギ入りです。

秋のトマト アイコ。まだまだ収穫 

秋のトマトのアイコの写真1(2008年11月17)

トマトのアイコはまだまだ収穫しています。枝は伸ばしっぱなしのためか、実も小さめですが、それはそれでかわいいです。

秋のトマトのアイコの写真2(2008年11月17)

実は、朝に明けるのがだんだん遅くなってきたので、トマトを収穫しようとすると、朝焼けで熟れ具合がいまひとつわかりずらいです。 週末の朝に日が昇ってから収穫しないと、まだちょっと早い場合があります。

収穫した秋のトマトのアイコの写真(2008年11月17)

とってしまった物は仕方ないので、少々テーブルにくるまでにお待ちいただきます。

永田農法「極上トマト」をベランダで作る

チェリーセージ ホットリップスの花を横から見ると 

チェリーセージ ホットリップスの花の写真(2008年11月15日)

二週間ぶりのチェリーセージ ホットリップス(サルビア ミクロフィラ)です。その後も花が咲いています。

二つペアで咲いているとことがかわいいですね。いくつも同じような感じで咲いています。


チェリーセージ ホットリップスの花を横から見た写真(2008年11月15日)

横から写真を撮ってみました。先日、図書館でNHKの「趣味の園芸」に連載していたものをまとめたサルビアの本を見たら、セージやハーブの本よりもチェリーセージのことが書かれていてとても参考になりました。そこに載っていた各種サルビアの花の横から見た形に興味を持ち、撮影してみました。 この形で虫が来たときに、花粉をつけさせているのですね。

サルビア (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月シリーズ)

大根とミツバの味噌汁 

ミツバの写真(2008年11月15日)

今朝は具がちょっと多めの大根の味噌汁だったので、ちょっとミツバを採ってきました。

お椀に入れたミツバの写真(2008年11月15日)

美味しそうなのがあまり無くて、ちょっと硬めの葉もありましたが、風味は悪くないです。

大根とミツバの味噌汁の写真(2008年11月15日)

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽その後 

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽その後の写真1(2008年11月2日)

フレンチラベンダー ペダンキュラータの芽も順調に育っています。 (前回のペダンキュラータの芽

ラベンダー ペダンキュラータの芽その後の写真2(2008年11月2日)

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

剪定前の秋のラベンダーたち 

剪定前の秋のラベンダーたちの写真1(2008年11月10日)

冬の剪定前の我が家のラベンダー達です。 一枚目と二枚目がイングリッシュ系とラバンジン系です。

剪定前の秋のラベンダーたちの写真2(2008年11月10日)

一部のテラコッタに植えてあるラベンダーは、果樹の大きな鉢の周りにおいています。 高層なので、たまに強風で鉢が倒れることがあるのです。

剪定前の秋のラベンダーたちの写真3(2008年11月10日)

三枚目はストエカス(フレンチ)系です。

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

葉ネギと麻婆豆腐 

麻婆豆腐の写真(2008年11月11日)

昨晩は一月ぶりくらいで麻婆豆腐でした。
(前回の「葉ネギと麻婆豆腐」は2008年10月12日だったようです。)

葉ネギは切っても伸びてくれるので助かります。

ハーブは私の日常生活に欠かせないものですが、スパイスも欠かせません。 今回も花山椒が効いていい感じでした。


海鮮旨煮の写真(2008年11月11日)

その他、海鮮うま煮もいただきました。

この秋のこぼれ種からバジルの芽がでました。 

秋のバジルの芽の写真1(2008年11月10日)

バジルは既にこぼれ種から芽がでていて、ポットに移植しました。 冬は越せないかもしれませんが、出てきた芽がかわいくてぎりぎりまでがんばろうと思います。

秋のバジルの芽の写真2(2008年11月10日)

穂ジソも花の時期は終わり、種が出来てきています。 

穂ジソに種ができかかっている写真3(2008年11月8日)

ミントもレモンバームもそうですが、種はとても小さいので、そのままにしておくと春にはこぼれ種でどんどん芽がでてきます。

<穂ジソに種ができかかっている写真2(2008年11月8日)

種が小さいだけに、毎年種の採取はせず、芽が出来てたらどんどん間引いて、本葉が出てきたら間引きながら使っています。

穂ジソに種ができかかっている写真1(2008年11月8日)

パスタとサバとバジル 

パスタとサバとバジルの写真(2008年11月8日)

昨日は夕方まで外出していて、妻がパスタを作ってくれました。

元気なバジルも花芽がでてきたので、朝につみ、もう少しだけ楽しめるようにお願いしました。

このパスタはサバがメインだったのですが、一緒に添えたレバーのワイン煮の残ったタレでちょっとだけコクを出しているところがポイントです。


秋のラベンダー 早咲3号の花 

秋のラベンダー 早咲3号の花の写真3(2008年11月8日)

先日お知らせしたラベンダー 早咲3号の蕾が色づいてきました。

秋のラベンダー 早咲3号の花の写真1(2008年11月8日)

写真を撮影するときは強い風が吹いていて、なかなか花にピントを合わせることができず、何度も何度も撮ったうちの3枚です。

秋のラベンダー 早咲3号の花の写真2(2008年11月8日)

ラベンダー (カラー・ガイド・ブック)

イタリアンパセリのこと 

その後のこぼれ種から芽の出たイタリアンパセリの写真1(2008年11月2日)

子供の頃にはハーブなんて知らなかったのですが、パセリの存在はしっていました。 でもカーリーでないイタリアンパセリっていうのがあるっていうのを知ったのは大人になってからでした。

その後のこぼれ種から芽の出たイタリアンパセリの写真2(2008年11月2日)

留学中に知り合ったイタリア人の友達を訪ねてトリノに行って、他の街にも行ってイタリアを好きになって帰国後に自分が食べたいものを作るためにハーブも自ら栽培するようになってイタリアンパセリのことを知って、 パセリはただの添え物ではなくなりました。

その後のこぼれ種から芽の出たイタリアンパセリの写真3(2008年11月2日)

ハーブとの出会いはじわじわと私の生活を変えました。

香りも大好きですが、栄養もあるし、少しでも毎日の食事に取り入れたいと日々思っています。

この写真は夏の終わり頃にこぼれ種で芽が出たイタリアンパセリです。


たまに食べたくなるミツバは大切な脇役 

三つ葉の写真1(2008年11月3日)

昨年だったかに根ミツバの根っこを植えたものです。

以前から何度か同様なことをやっていて、苗の数が減ると根ミツバを買うことがあると妻に根っこをとっておいてもらうようにお願いして、翌朝なんかに植えます。


三つ葉の写真2(2008年11月3日)

ミツバの爽やかな香りが大好きで、味噌汁やほかの汁物、お茶づけなんかに入っていると嬉しいなあと思います。

たまに自分で取ってきて入れて食べています。


三つ葉の写真3(2008年11月3日)

少量だけでもあると便利なので、欠かすことができない薬味で、和のハーブ。

ネギ系もそうですが、利用頻度が高いだけにもう少し増やしたいのですが、いつも他のハーブのプランターの中に居候させています。

同じセリ科のパセリ同様に少量でもあるとちょっと幸せな気持ちになります。


フレッシュレモンバームのハーブティー 

洗ったばかりのレモンバームの葉の写真(2008年11月3日)

先日、ラフェアさんのブログを拝見して、このところ忙しくて我が家のハーブのハーブティーを飲んでいないこと、 レモンバームがそろそろ今年は終わりということで、レモンバームを摘んできました。

レモンバームティーの写真1(2008年11月3日)

ハーブティーを飲もうと思うときは、その時々で目についたハーブを摘んできて、好きなだけ詰め込んで煮出します。

そのた、意識的に種類を限定しなければ、大概は数種類のブレンドになります。



レモンバームティーの写真2(2008年11月3日)

今回はラフェアさんのブログで拝見したようにレモンバームのみのフレッシュハーブティーにしました。

香りは当然レモンのような香りがしますが、味は独特。

今年最後だと思って、いつものように量は大目なので、余計にレモンバームの味を舌で感じられたようです。ちょっとぴりっとしました。


ステーキとクレソンとイタリアンパセリ 

ステーキとイタリアンパセリの写真(2008年11月3日)

昨晩は本当に久しぶりにビーフのステーキでした。ビーフは焼肉の時意外はあまり食べなくなりました。写真の右上はポテトではなくてレンコンというのがミソです。

ステーキの上に乗っているのはイタリアンパセリですが、今夜のハーブはクレソンが主役!


クレソンのサラダの写真(2008年11月3日)

クレソンのサラダです。買ってきたものですが、クレソン大好きです!

イタリアンパセリはこの秋に芽が出た新しい苗からのもの!


カリフォルニアワイン ジンファンデルの写真(2008年11月3日)

ワインはやまやでたまに買ってくるカリフォルニアのジンファンデルです。 ビーフの時に飲むジンファンデルは本当に美味しい!

写真には写っていませんが、今夜はパンでした。


自家製アンチョビとバジルやルッコラのピザ 

ピザを食べているところの写真(2008年11月2日)

昨晩はうちうちのお祝いがあったので、妻が久しぶりにピザを焼いてくれました。

フレッシュなバジルが食べられるうちにと、先日お願いしていたからでもあるのですが、モッツァレラチーズも買ってきてくれました。


ピザ生地の写真(2008年11月2日)

最初に食べているところをお見せしましたが、こちらはペッパーとバジルが練りこまれたピザの生地です。

生ハムのサラダの写真(2008年11月2日)

そして生ハムのサラダ。ほんの少しだけ我が家のレタスも入っています。虫にたくさん食べられたので、本当に少しだけですが。

アルゼンチンのスパークリングワインの写真(2008年11月2日)

これも妻がお祝いのために買っておいてくれたアルゼンチンのスパークリングワインです。

かなり前ですが、同じ価格帯だと、アルゼンチンのワインは、チリのワインより質がいいものに出会えたりしたことがあったのですが、今はどうなのでしょう。


アンチョビとバジルのピザの写真(2008年11月2日)

そして、一つ目のピザですが、アンチョビのピザに我が家のバジルです!

アンチョビとルッコラのピザの写真(2008年11月2日)

二つ目のピザは、アンチョビのピザに買ってきたルッコラ(泣)です!

トマトとバジルのピザの写真(2008年11月2日)

三つ目のピザは、トマトをたくさん載せたピザに買ってきたバジルです!

トマトが見えるようにバジルをちょっとだけ載せて写真を撮りました。

実はチーズがあまり好きでは無い私ですが、このチーズは食べられます。

楽しいひと時が過ごせませ、ました。


ラベンダーの挿し木 

ラベンダー 早咲3号の挿し木の写真(2008年11月2日)

先日、季節はずれの花のお話をしたイングリッシュ系の早咲3号の挿し木です。

植物をふやす時、また弱った植物を回復させる時のためのメネデールを試しに使ってみました。


ラベンダー ふらの の挿し木の写真(2008年11月2日)

こちらは、やはりイングリッシュ系の「ふらの」です。

ラベンダー ココナッツアイスの挿し木の写真(2008年11月2日)

これもイングリッシュ系でピンクの花の「ココナッツアイス」です。

いつもこぼれ種を増やしたり、枯れそうになってきたときにあわてて挿し木をするので、あまり気合を入れて挿し木をしたことがありませんでした。今回はちょっとがんばってみます。


ローズマリー プロストレイトの花 

ローズマリー プロストレイトの花の写真1(2008年10月25日)

我が家に意外と長くあるローズマリーなのですが、妻が寄せ植え用に買ったため、あまり大きく育たず、コニファーに横にひっそりといました。

先日水遣りをしている時に花が咲いているのに気がつき、写真を撮りました。


ローズマリー プロストレイトの花の写真2(2008年10月25日)

実は品種の名前を知らなかったのですが、買った時の品種名を記したプラスチックの名札が残っていて、プロストレイトというそうです。 調べたところ、横に這うタイプ、ほふく性の品種で淡い青紫の花が咲きます。

Rosmarinus officinalis 'Prostratus'


ローズマリー プロストレイトの花の写真3(2008年10月25日)

まだご紹介していない長年あるローズマリーとも似ている気がします。(そちらは品種名がわかりません) 両方とも枝がもっと伸びてくれれば、どんどん料理やハーブティーに利用したいなあと思っています。

追伸
写真のリサイズやトリミングをして保存する時の圧縮サイズのマックスが固定されていたのを100%にしました。このブログを作る際にインストールしたフリーのソフトで、使い方を覚えながら画像を作成しているので、今後はもう少しきれいな画像をお見せしたいと思います。


ローズマリーブック―桐原春子のハーブを楽しむ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。